無意識にある自己イメージを改善したい!催眠療法が効くワケ。

ヒプノセラピー

自己イメージは無意識に存在しています。

無意識に存在する自己イメージがあなたの行動を束縛しています。

あなたの自己イメージが挑戦を好む人であれば、挑戦に躊躇しません。

あなたの自己イメージが臆病であれば、臆病な行動となります。

あなたの自己イメージがネガティブであれば、後ろ向きな行動と言動に繋がります。

 

今のあなた自身を変えたいと思うのであれば、無意識を変える必要があります。

 

こんにちは。

製薬企業医師ヒロスケです。

今回のお話は「自己イメージの改善を目的とした催眠療法」の話です。

 

無意識にある自己イメージが行動を束縛しているワケ

人は何かの決断をする時には、自己対話という行動を行っています。

自己対話は意識下の自分と無意識下の自分で行っている時もあれば、無意識下の自分と無意識下の自分で成立していることもあります。

いずれにせよ無意識に存在する自分が一日の行動の大半を決めていると言っても過言ではありません。

人が一日で決めることの80%は無意識下で決めているとも言われています。

あなたが考えて決めていることは、まさに氷山の一角なのです。

無意識に存在する自分はどんな人間なのでしょうか?

それは自分自身をどう認識しているかに左右されます。

あなたは責任感の強い人間なのか?

チャレンジ精神にあふれる人間なのか?

慎重な人間なのか?

臆病な人間なのか?

 

無意識に認識している自己イメージがあなたの行動パターンを決めています。

つまり無意識があなたの行動パターンを束縛しているのです。

では、その束縛から解放されるにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えが催眠療法にあります。

無意識下の自己イメージを改善するためには?

無意識下の自己イメージを書き換えることができたらどうでしょう?

無意識下の自己イメージが良好なものになれば、あなたの行動パターンが変わります。

私の好きな言葉に以下のような言葉があります。

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

引用:野村ノート

プロ野球故野村克也氏の著書にあります。

 

心とは無意識と言い換えることができます。

つまり無意識を書き換えることができれば、人生が変わるのです。

変わりたければ、無意識にある自己イメージを書き換えましょう。

無意識に新たな自己イメージをインストールするには?

無意識に新たなイメージをインストールするのに必要は因子は二つです。

一つは刷り込ませるイメージに触れる回数。

もう一つは刷り込ませるイメージの強さです。

インストールの可否を計算式にあらわすと、回数 x 印象の強さです。

子供であればこれまでに刷り込まれた印象が未熟なので、新たな印象の刷り込みに回数は必要ありません。

ちょっとした成功体験でも大きく自信をつけることは子供では決して珍しいことではありません。

男子、三日会わざれば刮目してみよ」です。女の子でも同じですけどね。

もちろん大人でも大きな成功体験で大きく変わる人もいます。

しかしながら大半の大人は、これまでの人生で刷り込まれたイメージが無意識に定着しています。

特に自己イメージが良好でない人は、自己イメージの改善には時間がかかります。

そのイメージを書き換えるには、数日数回では無理です。

エミールクーエの自己催眠法は印象のインパクトを回数でカバーしており優れた暗示法と言えますが、途中であきらめてしまう人がいるのも事実です。

 

また多くの人が複数回にわたって新たな自己イメージをインストールしようとしても、これまでの自己イメージが強すぎて新たなイメージがはじき返されることもよくあります。

この現象を、一般的にメンタルブロックと呼ばれるものです。

催眠療法が効くワケ。メンタルブロックを乗り越えるには?

日々の行動の一つ一つを前向きにとらえ、挑戦し続ければ徐々に変化は生まれます。

エミール・クーエ博士は自己催眠に最適な時間は寝る前と起床時だと言っています。

毎日繰り返し繰り返し実践することが大切だとも指摘しています。

 

ただこういった積み重ねは一進一退を繰り返すため、途中に挫折する人もたくさんいます。

そういった人に対して欧米社会では催眠療法が利用されています。

催眠療法に効果がある最大の理由はメンタルブロックを乗り越えられるからです。

 

催眠療法では音楽が利用されることが多々あります。

音楽が催眠療法に最適なトランス状態に導いてくれます。

トランス状態はメンタルブロックが取り除かれている状態とも言えます。

トランス状態に導く音楽についてはYoutubeなどでも提供されています。

効率よく催眠状態を作って、新たなイメージを刷り込むには音の力が有効です。

 

トランス状態で深層心理にメッセージを刷り込めば、効果的であることはイメージできるのではないでしょうか?

音楽の力とエミール・クーエの法則を組み合わせて実践してみるのも良い手です。

 

ただそれでも自己催眠が成功しない方もたくさんいます。

自己催眠はあくまでも自分で自分に語り掛けるので、無意識下に自分を否定している要素が存在しているとメンタルブロックを完全に取り除くことができません。

そんな方に必要なのは意識できないメッセージを無意識に送り込むこと。

具体的には音楽に紛れて意識できない周波数でメッセージを取り込めばいいのです。

無意識にダイレクトにメッセージを送り込むことができる方法があります

シークレットサブリミナルCD」という治療方法を私はお勧めしております。

シークレットサブリミナルCDは、米国催眠療法協会認定の催眠療法士である白銀氏があなただけのためのオーダーメイドでサブリミナル効果を最大限に利用した催眠療法を実践してくれます。

シークレットサブリミナルCDについては、以下の記事にまとめています。

ご参考になれば幸いです。

参考記事:シークレットサブリミナルCDが、悩みを解決するその理由は?

 

あなたが今感じている生きづらさが

改善して、生き生きと生活できるようになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

サブリミナルシークレットCDに興味はあるけど、購入費用に躊躇されている方は、以下の記事を参考にしてください。3万円ならすぐにでもゲットできます。

参考:小遣いをちょっと増やしたい。ノーリスクのシンプルな方法は?

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

ヒプノセラピー
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

  1. […] 参考:過緊張を深層心理から開放する方法とは?サブリミナルが効く! […]

タイトルとURLをコピーしました