自己肯定感が低すぎるために発症する病気とは?治す手段とは?

ヒプノセラピー

自己肯定感が低い人ほどストレスに弱いと言えます。

ストレスが原因となって発症する疾患が数多くあります。

例えばうつ病、適応障害などはその代表です。

人は過度なストレスにさらされると臓器障害を起こすことも知られています。

最も生じやすい症状と言えば、消化器疾患ですね。

代表は「胃炎」、「胃潰瘍」。

 

その他にもたくさんあります。

日常生活でよく耳にする疾患が実はストレスによるものであることは、日常診療の中では良くあること。

少し紹介させていただきます。

 

こんにちは。

製薬企業医師のヒロスケです。

今回は「ストレスと疾患」についてです。

 

自己肯定感が低いとストレスに弱くなるワケ

自己肯定感が高い人は、自分の可能性を強く信じています。

従ってプレッシャーを受けても、プレッシャーをポジティブに受け入れます。

すなわち「私はこんなに期待されているんだ!!やるぞ!!」となります。

 

しかし、自己肯定感が低い方は「こんな仕事、私にできるわけないじゃないか・・・。嫌だな・・・」とネガティブに捉えます。

行動に移る前から既にネガティブになると失敗した時のことばかりが頭をよぎります。

人はネガティブな感情に支配されると、逃避行動を意識します。

現実問題として逃避できれば良いのですが、大半の人は責任感がそれをしのぐでしょう。

すると逃げ出したいのに逃げれない状態となり、ますますストレスを感じることになります。

 

ストレスの蓄積で体調が悪くなるワケ

ストレスを受けると逃避行動を意識します。

逃避するためには、筋肉を活動的にしておかなければなりません。

運動を行うためには、交感神経が優位になります。

交感神経は、アクセルのような存在です。

アクセルを踏み続けていると体には無理が生じます。

でも、生活をするためには副交感神経が働かなければならない状況もあります。

また過度に亢進した交感神経とバランスを取るために、副交感神経も亢進する必要があります。

アクセルを踏みながら、ブレーキも踏んでいる状態。

 

例えば、胃腸障害を見てみましょう。

胃の動きは食後に活発になりますよね。

リラックスした状態で消化運動は活発化するので、胃の動きは副交感神経で活発化します。

しかし、ストレスにより交感神経が優位となっているので、胃の動きは抑制されます。

それでも食事をとらないと体は動けないので、食事はしますよね。

胃腸の動きが低下しているのに、食事をとる行動を繰り返すことで胃粘膜に障害が生じます。

当然消化も悪いので下痢になったり、便秘になったりします。

ストレスが原因で発症する疾患

ストレスが原因で生じる身体症状には

  • 胃腸症状(胃痛、悪心、嘔吐、下痢、便秘)
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 睡眠障害
  • 喘息発作用症状

精神症状には

  • 抑うつ
  • 不安
  • 緊張
  • 焦燥感
  • 不注意

他にも様々な症状が生じます。

元々自己肯定感が高い人でも、環境で低くなることもあります。

例えばパワハラなどで繰り返し自己肯定感を否定され続けることで、本来有していた自己肯定感が損なわれることもあります。

これらのストレスによる症状の大半は、ストレスの原因が無くなれば解消されます。

しかしストレスの原因を完全になくすことは現代社会では困難です。

人の悩みやストレスの原因の80%は人間関係と言われています。

山奥で一人きりで生活するのであれば、80%のストレスはなくなるかもしれません。

その代わり生活の不便さによってストレスが増えるかもしれません。

また適度なストレスは、人が成長する上で重要な因子と言えます。

上手にストレスと付き合い、そしてストレス耐性をつけていく必要があります。

ストレスと上手く付き合っていくには?

ストレスと上手く付き合っていくには、程よく楽観的になる必要があります。

どんな困難にぶつかっても、「なんとかなる」と感じる力が必要です。

その力の源こそが、自己肯定感です。

今の自分を信じる事。

「なんとかなる」と思い、そして失敗しても試行錯誤できるポジティブな姿勢を自己肯定感を向上させることで身につけましょう、

自己肯定感を向上させる簡単な方法を二つ紹介します。

一つはエミールクーエの自己暗示法

もう一つはアファメーションの録音法です。

 

自己肯定感を向上させるための教材は世にたくさんあります。

しかしまずは自分でできるエクササイズから始めましょう。

一人で続けるのは困難だと思えたら、専門家の力をお借りするべきでしょう。

お勧めの治療方法は催眠療法です。

催眠療法については以下の記事を参考にして下さい。

参考:催眠療法で自己肯定感が向上する過程に感じる変化とその理由。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

ヒプノセラピー
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました