プレゼンが死ぬほど苦手!そんな私でも克服することは可能か?

あがり症


それでは、続きまして太田さんの発表です。

 

自分の名前を呼ばれた瞬間、ビクッとします。

あぁもう逃げれない。

壇上に上がった瞬間、会場の人の目線が私の元に・・・

人前に出るのって辛いですよね。

なんか会場の人にあらさがしをされているように感じてしまいます。

上手くしゃべらなきゃ、覚えた通りにしゃべらなきゃ

そんなことを思っていると、どんどん緊張してしまう。

 

先輩からは慣れれば大丈夫。

大切なのは経験だよ。

なんて言われるけど、プレゼンなんかしなくて済むならしたくない。

死ぬほど嫌いなんだ!!

 

とはいうものの、プレゼンは社会人ならば誰しもが通るプレッシャー。

医師でも同様です。

院内の症例検討会での発表から、地方開催の学会での発表、全国学会の発表、国際学会での発表。

と、多くの発表の場を経験します。

地方会の発表までならほぼ100%の医師が経験するのではないでしょうか?

当然、医師であってもデビュー当初は緊張します。

 

ちゃんと喋れるだろうか?

予想質疑応答は準備したけど、

予想外の厳しい質問が来たらどうしよう?

他の病院の先生や大学の先生にダメだしされたらどうしよう。

 

基本的には先輩医師が厳しい質問は代わりに対応してくれます。

発表の前には上司のチェックと予行練習を繰り返します。

それでも、慣れないうちは緊張します。

 

ほとんどの人が徐々に慣れてくるものです。

しかし、何回発表を経験しても青い顔をしている医師もいます。

医師としての知識と経験は十分と言える同僚でしたが、学会発表だけは

死ぬほど苦手

と、言ってました。

 

場数を踏めば慣れてくる人

何度実践しても「死ぬほど苦手」な人

 

この差はどこにあるのでしょう?

 

私は心理学を学び、その対応策を発見しました。

 

この指導で多くの若手社員が、

プレゼンでの緊張感をほぐし成功をおさめています。

あなたの「死ぬほど苦手」なプレゼンは克服することは可能です。

 

サッサとその対処法を教えてくれ!!って方はコチラをクリック。

 

こんにちは。

製薬企業医師ヒロスケです。

今回は「プレゼンが苦手な人の心理と克服する方法」です。

 

プレゼンが苦手な人の心理とは?

そのものずばり、

自分が緊張しやすい人である

と、信じていることです。

 

何を当たり前のことを、とお思いの方もいると思います。

しかし、このセルフイメージこそがあなたを緊張させている原因なのです。

 

緊張しやすい人は、プレゼンの前には

緊張したくない

失敗したくない」と考えます。

 

当然と言えば当然ですよね。

しかし、心理学上では「緊張したくない」と考えると、

最初に緊張している自分を想像します。

その上で、その姿を否定するイメージを作ります。

「失敗したくない」と考えると、

失敗している自分を想像して、その姿を打ち消そうとします。

否定形で物事を想像すると逆のイメージを引き寄せてしまう

これを心理学では「逆引き寄せ効果」と呼びます。

これまでに何度も何度も「緊張したくない」と思ってきた人は、

深層心理に「緊張している自分」のイメージが定着しています。

深層心理にあるイメージは非常に強力です。

 

人の行動の90%以上は無意識に支配されている

 

そんなことを聞いたことはありませんか?

氷山のイメージで良く表現されます。

ビジネスの世界では有名ですよね。

また成功哲学や自己啓発でもよく言われます。

 

実は日常生活におけるほとんどの行動パターンは深層心理に影響を受けています。

あなたはあなた自身のイメージを「緊張しやすい人だ」と深層心理で認識してます。

するとイメージしている限り、

人前に出ると緊張し、上手くしゃべれない状態が続きます。

要するにプレゼンを上手く乗りきれるイメージを描けれるようになれば改善します。

緊張しやすい人が改善するべきイメージは?

では、具体的に対応策を考えていきましょう。

まずはプレゼン前に、「緊張したくない」と思うことを辞めます。

自分が上手に楽しそうに話しているイメージを作りましょう。

 

肯定的なイメージを作り、その目標に向かって歩むことをアファメーションと呼びます。

アファメーションを設定するのにルールがあります。

それは、必ず肯定的な言葉で行うこと。

そして現在形でイメージすること。

 

プレゼンで緊張したくないなら、

  • プレゼンを終えて、聴衆から拍手をされているイメージ
  • 先輩や上司に褒められているイメージ
  • 聴衆があなたのプレゼンを興味深く聴いてくれているイメージ

が必要になります。

こういったイメージを繰り返し繰り返し頭に浮かべ、深層心理まで定着させます。

肯定的なゴールをイメージするためには

肯定的なゴールをイメージすることは意外と難しいです。

なぜなら、「自分はできる」と信じていなければできないからです。

 

緊張しやすい人に

プレゼンで成功をおさめているイメージをして

と、お願いしてもなかなかできません。

 

原因の一つに幼少期のしつけにあると思っています。

日本人は真面目です。

幼少期から

「○○はいけない」

「××のようになってはいけない」

など、否定的な言葉でしつけられた方が多いのではないでしょうか?

幼少からのしつけにより、あなたの思考は

「○○はいけない」

といったネガティブな方向に流れやすくなっているのです。

 

まずはポジティブに物事を思考する癖を身につける必要があります。

ポジティブに物事を思考する癖がつけば、アファメーションは簡単です。

では、物事をポジティブに捉えるってどういったことなんでしょうか?

緊張しない人の特徴から学びましょう。

人前で緊張しない人の特徴

緊張しない人は、肯定的なゴールのイメージを自然と持っています。

こういった人は、自分がこれからプレゼンを始める時には、

 

「なんとかなる」

「私ならできる」

 

と深層心理のレベルから信じています。

もちろん深層心理のレベルで信じることができるだけプレゼンの練習もしていますよ。

しかし、何かの仕事に取り掛かるときに、最初から自身が失敗したイメージを持っていません。

 

結局、緊張しない人の深層心理を観察すると

成功すること、もしくは何とかなることを半ば当たり前だと信じているのです。

では、緊張しやすい方の深層心理はどうなっているのか?

 

残念ながら、緊張しやすい方は深層心理から

自分が緊張しやすい人間であることを認めています。

結局、深層心理からあなたは変わらなければなりません。

では、深層心理から変わるということはどういうことなのか?

深層心理を変えるには、時間が必要です。

そしてアファメーションを繰り返し繰り返し唱える必要があります。

アファメーションの例の代表は、「エミールクーエの法則」になります。

深層心理からの改善に興味のある方は、以下の記事を参考にしてください。

参考:エミール・クーエの法則で、きっといいことがある!の根拠は?

 

いや、私はとにかく「緊張しやすい自分」を何とかしたいんだ。

理屈はいいから、その方法を教えてくれ!!

 

特に緊張しやすい人のことを、医学的に社会不安障害と言います。

一般的にはあがり症とも言いますね。

そんなあがり症のあなたにお勧めのプログラムがあります。

必要な時間は1日15分のエクササイズ。

本プログラムは多くのあがり症(特に緊張しやすい人、社会不安障害の人)を改善させた児島弘樹先生が提供しています。

あがり症改善プログラム」です。

「あがり症改善プログラム」について詳しくは以下の記事へ

参考:あがり症を克服し、人前で堂々とプレゼンができるようになる!

 

あなたが今感じている生きづらさが

改善して、生き生きと生活できるようになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

 

あがり症
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ポジティブ思考があなたを救う!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました