パンセダンはパニック障害に効くのか?その根拠は?他の薬は?

パニック障害

パンセダンのあがり症に対しての記事を読んで、パニック障害については?という問い合わせをいただいたのでお答えいたします。

パニック障害についてはまずは以下の記事を参照にしてください。

参照:パニック障害になりやすい人の特徴は?家でできる治療方法は?

パニック障害の定義に沿うとパンセダンの効果は期待できないと言えます。

その理由とその他の薬物治療についてお話します。

 

こんにちは。

製薬企業医師のヒロスケです。

今回は「パニック障害の薬物治療」についてです。

パンセダンがパニック障害に期待できない理由

パンセダンに含まれるのはイライラ感や緊張感を抑える効果が期待できるハーブです。

パニック障害の本質は、イライラ感や緊張感ではなく、根拠のない強い不安感です。

イライラ感や緊張感には根拠があります。

人の目線であったり、ある条件を満たす状況であったり。

ある一定の条件を満たす状況に身を置くときに、比較的落ち着いて望むことができれば緊張感はほぐれますよね。

その緊張感をほぐすためにハーブの力を利用しているのです。

従って極度のあがり症や社会不安障害に期待できると謡っています(その効果には不安がありますが・・・)。

ハーブティーを飲んでいる時は、落ち着生きますが、その効果は持続しませんよね?

パニック障害の薬物療法について

パニック障害の治療にはSSRIやSSNIと呼ばれる薬剤を処方します。

薬効については、以下の記事を参考にしてください。

参考:パニック障害になりやすい人の特徴は?家でできる治療方法は?

薬物治療によって、脳内に伝達物質のバランスを取ることができると言われています。

パニック障害に対する精神療法は?

処方する薬剤は抗うつ剤に準じた薬剤です。

大半の場合は精神科での処方となっています。

精神科ですので、薬物治療と同時に精神療法も並行することになります。

精神療法は主に二つ

  • 暴露療法
  • 認知行動療法

これら二つについてご紹介いたします。

暴露療法

パニック障害の一つに広場恐怖があります。

例えば地下鉄でパニック障害を生じた人を例に挙げます。

一度地下鉄でパニック障害になった人は、地下鉄に乗ることに強い恐怖を感じています。

地下鉄の何が原因になっているのかは分かりません。

従って恐怖の根拠は不明なままです。

まず患者に地下鉄までの道のりで感じるストレスの段階を評価してもらいます。

そしてリラックスした状態からストレスの低い順にイメージをしてもらいます。

イメージ上で徐々にストレスを感じる状況に近づき、動悸等の症状が生じたら、一段階だけストレスの強度を下げます。

以上のことを繰り返し、最終的に地下鉄に乗るところまでイメージ出来ればイメージ訓練は終了です。

その後トレーナー同行の元で実際に地下鉄に乗るための訓練を行います。

あくまでもイメージの順に行います。

実際に地下鉄に乗り込めたら、治療終了となります。

暴露療法は、一人で頑張って行うとトラウマが深くなるだけですので、必ず専門施設を訪ねてください。

治療期間は短くとも半年、長ければ1年以上かかります。

認知行動療法

認知行動療法には専門知識を有したカウンセラーが必要です。

パニック障害の方は、自身が置かれた状況を悪いほう悪い方に考える傾向があります。

例えば、何かのきっかけで不安を感じ、動悸が起きたとします。

健康な人なら深呼吸の一つもすれば治まることを理解しています。

しかしパニック障害の方は、深層心理でこの動悸から心臓発作に繋がるのでは?と不安に陥ります。

すると動悸はさらに悪化します。

悪化した動悸でさらに命の危険を感じます。

この悪循環を理解して、心臓発作に繋がるわけがないと現実的な思考回路に落ち着かせることが目的です。

病院受診が困難な方にお勧めの治療方法

暴露療法も認知行動療法も結局は無意識下に潜む不安感を払しょくするのが目的です。

無意識下に潜む不安を感じている自分に「大丈夫だよ。」と声をかけ、信じ込ませれば治療は成功です。

精神科医も心療内科医もカウンセラーもあなたの無意識に「大丈夫」と伝えたいのです。

ただ無意識に新たな認識を植え付けるのには時間がかかります。

なぜなら誰もがメンタルブロックを有しているからです。

素直な幼い子供であれば、両親からの言葉を信じ込むことは可能です。

しかし成長の過程で様々な経験をした成人は、簡単に人の言葉を信じることはないですよね。

ましてや信頼がない人の言葉なんて誰も信じないから。

 

私はあなたが最も効果的でかつ効率的に信頼・信用できる人を紹介したいと思います。

それはあなた自身です。

あなた自身が「大丈夫」と信じることが出来さえすれば、暴露療法も行動認知療法も必要ありません。

さまざま心理学や成功哲学では「自分を信じる」ことの重要性が記載されています。

一般に自分を信じるためには成功体験を積み重ねることだと言われます。

パニック障害における成功体験とは暴露療法のことです。

暴露療法の難しさは既に伝えました。

だから私は催眠療法をお勧めしたいと思います。

パニック障害と催眠療法

今あなたは一人でパニック障害であることにお悩みなっていると思います。

病院に行くのにもストレスを感じていませんか?

そんなあなたにぜひお勧めしたいのは「催眠療法」です。

催眠療法は欧米ではメジャーな治療方法です。

日本ではまだまだマイナーな存在ですが、国際的な学会もあります。

今回お勧めしたいのは、米国催眠療法協会認定の催眠療法士白銀氏が作成した

シークレットサブリミナルCD 」

です。

シークレットサブリミナルCDについては以下の記事にまとめましたのでご参考にして下さい。

あなた自身が自分に「大丈夫」と伝えて上げれるようになる治療方法です。

ぜひ手に取ってみてください。

 

太田比呂介

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

パニック障害
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました