あがり症に効く市販薬ってどれくらい効くの?②「パンセダン」

あがり症

イライラや緊張を和らげる成分

と言われてハーブを思いつく人もいるでしょう。

 

佐藤製薬から販売されている

パンセダン

は、イライラや緊張感を抑えるハーブを使用した薬です。

 

こんにちは。

製薬企業医師のヒロスケです。

 

あがり症に効く、との効果を謳った市販薬について考察します。

今回は佐藤製薬の「パンセダン」です。

 

「パンセダン」に含まれている薬効成分は?

パンセダンに含まれている成分は

  • パッシフローラ(トケイソウ)
  • カギカズラ
  • セイヨウヤドギリ
  • ホップ

の4種です。

 

上記4種のうち医薬品として専ら使用されているのはカギカズラのみとなります。

カギカズラの別名は「チョウトウコウ

アガラン錠にも含まれていた成分です。

パッシフローラとホップについては先日公開した以下の記事を参考にしてください。

参考:あがり症に効く市販薬ってあるの?①「アガラン錠」について。

 

セイヨウヤドギリ

セイヨウヤドギリは伝統医療として、けいれん発作や頭痛、更年期障害などに使用されてきました。

欧州では皮下注製剤として販売されている国もあります。

また一部の研究機関が癌に対しての効果を検証しています。

しかしながらその研究内容は十分な質が担保されている、とはいいがたいの正直なところです。

 

抗不安や抗興奮効果についてはあくまでも伝統医療として評価されています。

従って現代医療における効果は検証されていません。

 

パンセダンまとめ

アガラン錠と比較します。

アガラン錠は漢方に近い配合でパンセダンはハーブに近い配合といえます。

効果を裏付けするだけのデータを見つけることはできませんでした。

おそらく根拠となるデータはなく、今後も出て来ないと考えます。

その理由ですが、近年の薬剤開発の背景がそれを許さないからです。

 

近年の医薬品はその効果を証明するためには軽く1億円を超える予算を組み、試験を実施する必要があります。

大きく予算を組む限りは、十分に勝算のあるデザインが必要です。

仮に漢方やハーブの効果を証明しても、お金を大きく稼げる可能性は低く、投資回収は困難です。

 

その他のあがり症に効果があると言われる市販薬も確認しました。

ほとんどの薬が、アガラン錠かパンセダンの成分と重複します。

もちろん含有量の違いなどはあると思いますが、その効果とエビデンスには大きな差はありません。

 

あがり症に効く市販薬は、お守りのレベルで信じるのが現実的なレベルなのかな、というのが私の印象です。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

あがり症
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました