学歴コンプレックスを克服する!変わるために意識することは?

コンプレックス

幼い頃より東大に行けと言われて育てられ、東大に行けなかった。

親父からは馬鹿にされる。

いとこは東大に行ってるから、恥ずかしくて親族の集まりには出席できない。

 

そんな環境で育てられた結果、体に染み込んだ学歴コンプレックス。

 

学歴なんて関係ない。

社会人になったら、学歴なんかより大切なことはたくさんある!!

 

そんな言葉も学歴コンプレックスを抱いている人にとっては、簡単に受け入れることができる意見ではないですよね。

 

こんにちは。

製薬企業医師のヒロスケです。

医師の世界でも学歴コンプレックスを有している奴は結構います。

その大半は東大理3に行けなかった医師。

 

個人的には、どこの大学を卒業していていようが、国家試験を受かればすべからく医師免許が得られるため、学歴はさして気にすることではありません。

出身大学は医師の技量を保証するものでありませんし、企業で成功している医師が必ずしも東大/京大卒ではありません。

私も地方の国立大卒です。

 

では、学歴コンプレックスを抱く人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?

また学歴コンプレックスを克服し、自分が変わるためには何をするべきなんでしょうか?

 

学歴コンプレックスを抱く理由とは?

現代は競争社会です。

子供の頃から勉強による競争はどこでも起きています。

競争ですから、優劣が付きます。

学校内でも、塾でも、模試でも。

そんな中で最も大きな競争が大学受験。

その勝ち負けの結果を引きずっているのが、学歴コンプレックスです。

社会人になっても、一般に就職、昇進、給与の面で学歴で差が出ると言われています。

実際に少数の募集に数百、数千の応募が来たら、学歴で一次審査を行う企業もあるでしょう。

学閥のようなコネも関係あるかもしれません。

成人してからの処遇に不満があった場合に、その不満が学歴コンプレックスに変化する人もいます。

学歴コンプレックスに陥りやすい人の特徴

学歴を極端に意識する人は、人の目を気にしすぎる、自分と他人を比べがちであるといった特徴があります。

またご両親、もしくはいづれかが他人と比べてあなたを育ててきた可能性はあります。

人の目を気にして、比べがちであるから、自分の年収やポジションに劣等感を感じる機会が増えます。

劣等感を紛らわすために、高学歴の人に攻撃的になる人もいます。

「東大出てるのに、そんなことも知らないの?」

 

なんてパワハラになるような発言も学歴コンプレックスが原因だったりします。

学歴コンプレックスの克服の仕方

大半の人は、社会人で経験する成功体験を積み重ねることで学歴コンプレックスは克服できます。

ただ中には克服することができない人もいます。

例としては、がむしゃらに資格を取りまくるような人もいます。

 

もちろん勉強は社会人になってからも必要ですし、将来役に立つならば資格を取得することも重要です。

ただコンプレックスを解消するためだけに数多くの資格を取得することにはあまり意味はないのではないでしょうか?

学歴コンプレックスを克服する最も良い方法は、人のためになる仕事をすることです。

自分の仕事が世のため、人のためになっていると感じることができれば、学歴コンプレックスのくだらなさに気がつきます。

個人的な印象ですが、学歴コンプレックスを有している人は、仕事の価値を予算や規模で評価し、結果としての顧客満足度につなげていない印象があります。

「そんな仕事担当してないよ・・・」

 

そんな方は難しく考えすぎです。

別に沢山の人のために働く必要はないんです。

 

あなたの会社にいる隣の人のために何か一つ余分に仕事をしてください。

電車で席を譲っても良いでしょう。

車で車線移動をしようとしている車に道を譲ってあげても良いでしょう。

 

そんなちょっとした行動で良いんです。

 

そして、どんな行動でも人に見返りを求めてはいけません。

「情けは人のためならず」です。

人にしてあげたことは、自分に返ってきます。

ただ、そのルートは直接ではありません。

あなたの親切が、まわりまわってあなたに返ってきます。

 

人からの好意・感謝を感じることができる様になると、学歴コンプレックスは楽になります。

人のためになる行動を心掛けると、人からの好意に対する感謝の気持ちが自然と湧き出てきます。

そうすると感謝の気持ちを言葉にしたくなります。

恥ずかしがらずに「ありがとう」を声に出してください。

あなたの人となりが評価されるようになると、そこに学歴は意味を成しません。

学歴コンプレックスは、まくり返すチャンスのあるコンプレックスです。

決して絶望に陥る必要はありません。

学歴コンプレックスが頭から離れずに苦しいと感じている人へ

学歴と人格は別問題です。

と、言われてもどうしての納得できない方はいます。

そういった方から話を聞くと、ほとんどの方が学歴だけでなく、様々なコンプレックスを抱いています。

容姿・収入・家庭環境・・・・

様々なコンプレックスの中で分かりやすい学歴コンプレックスに逃げているだけという方をたくさん見てきました。

 

結局そんな方に必要なのは、自己肯定感ということになります。

自分が価値ある人間であると信じれること。

もしくは今の自分を受容し、許せる状態です。

自己肯定感を得るためには、無意識下の自己イメージを改善しなくてはなりません。

自己イメージを改善する方法は以下の記事を参考にしてください。

 

参考

  1. 無料でエクササイズ
    1. エミール・クーエの法則で、きっといいことがある!の根拠は?

    2. アファメーションを自分で録音するとすごい効果が?やり方は?

  2. 資格を持った専門家の指導をご希望の方
    1. シークレットサブリミナルCDが、悩みを解決するその理由は?
  3. 自己肯定感が向上した時に感じる変化
    1. 催眠療法で自己肯定感が向上する過程に感じる変化とその理由。

 

あなたが今感じている生きづらさが

改善して、生き生きと生活できるようになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

 

参考記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

コンプレックス
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました