モテる男はあっさりしてる?そのワケは?大事なポイントは何?

彼女が欲しい

好きで好きで仕方のない人がいます。

寝ても覚めても彼女のことばかり

そんな彼女ですから、告白しようとしても

胸が苦しくなって、うまく言葉が出てきません。

 

誰しも一度はそんな経験があるのではないでしょうか?

そのような経験をもとに、モテるようになる男とモテない男に分かれます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

 

モテるのはイケメンだからでしょう?

って、考える人もいますが、本当にそうでしょうか?

世の中にはイケメンでなくともモテる男がいます。

そういったモテる男の特徴を理解すると緊張のコントロールも可能になります。

 

こんにちは。

製薬企業勤務内科専門医ヒロスケです。

今回はモテる男の特徴から緊張のコントロールを学んでみましょう。

 

 モテる男の特徴は?

モテる男の一つの特徴として、恋愛にタンパクです。

あっさりしているとも言い換えることができます。

モテる男って以外と女性からフラれています。

かといって、誰からも軽薄なイメージを持たれている訳ではない。

何故なんでしょう?

 

それは、ヒトとヒトの縁を大切にするから。

ちょっと矛盾しているように感じるかもしれませんが、

自分にとって有益である(可能性がある)縁を大切にしているからです。

 

あぁ、この人と付き合ったらお互いに良い時間を過ごせそう

この人は私を成長させてくれるかも

そんな異性に出会えると、その人との縁を大切にし、近づこうと試みます。

お互いが求めあっていればお付き合いは成立するでしょう。

しかし相手が自分を求めていないのであれば、すっと身を引きます。

告白してフラれても同様ですね。

自分が彼女にとって求められている人物ではないと、早々に認めます。

彼女とは縁がなかった、と理解します。

つまり大切にするべき縁ではなければ、忘れることができます。

 

しかし、

「世の中には自分を必要としている女性がいる」

という自信はあります。

従って次の女性、恋愛に向き合うのにそれほどの時間は必要ありません。

 

結局モテる男というのは、大切にするべき縁を大切にして

自分は他人から必要とされるという自己肯定感を有している人物である

と、いうことができると思います。

大切にするべき縁でなければ、忘れることができる、

その態度が、恋愛にあっさりしているように見られるのです。

 

モテる男から学ぶ緊張のコントロール

モテる男の特徴には以下が含まれます。

  • 過去にこだわらない男
  • 失敗を引きずらない男
  • 成功に浸らない男

恋愛にあっさりしているということは

人生においても切り替えが上手い人間である

ことが多いと感じています。

切り替えがうまい人間は緊張のコントロールが上手です。

失敗を学びと捉え、成功を次のステップと捉えます。

目の前に起きている良いことも悪いことも

よい学びの機会ととらえることができるので

過度に緊張することはありません。

そういったマインドセットを持つためには

高い自己肯定感が必要です。

 

高い自己肯定感を手に入れるためには

高い自己肯定感を手に入れるためには

無意識下において自分が優秀な人間であると認識している必要があります。

自分に自信がないために、過度に緊張するのです。

「絶対に失敗できない」そう思ってしまうのは、

その1回であなたのすべてが評価がされると無意識が信じているからです。

無意識下にある自己イメージを書き換えましょう。

潜在意識にある自分自身のイメージを高めましょう。

無意識下にある深層心理に影響を与える治療に興味がある方は

以下の記事を参考にしてください。

参考:無意識にある自己イメージを改善したい!催眠療法が効くワケ。

自己肯定感を改善させると過度の緊張から解放されます。

自己肯定感を改善させると女性からモテるようになります。

あなたが今感じている生きづらさが

改善して、生き生きと生活できるようになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

関連記事

スポンサーリンク

サブリミナルシークレットCDに興味はあるけど、購入費用に躊躇されている方は、以下の記事を参考にしてください。3万円ならすぐにでもゲットできます。

参考:

小遣いをちょっと増やしたい。ノーリスクのシンプルな方法は?

 

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

彼女が欲しい
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
【内科医推奨】極度の緊張症の改善法

コメント

タイトルとURLをコピーしました