自己肯定感とは?高めるメリットは?その取り組みはどうする?

マインドセット

こんにちは、製薬企業医師ヒロスケです。

今回のお話は「自己肯定感」の話です。

 

自己紹介でも書きましたが、私は自己肯定感の向上が悩みのほとんどを解決すると信じています。

でも、そもそも自己肯定感って何よ?

ってご質問を頂いたので説明いたします。

 

自己肯定感とは?

実用日本語表現辞典には次のようにあります。

自己肯定感とは、

自分のあり方を積極的に評価できる感情、

自らの価値や存在意義を肯定できる感情

などを意味する言葉。

言い換えると、自分自身に自信を持っている状態と言えます。

もっと簡単にいうと「自分が好き」ってことだと思います。

 

日本人は自己肯定感が低い?

日本人の若者の自己肯定感が国際的にみて非常に低いことは知られており、近年文部科学省でも課題に挙がっています。

2013年度の「子ども・若者白書」で、日本の若者(13歳~29歳)に対してアンケートで、「自分自身に満足している」と回答した割合が突出して低い45.8%でした。

アンケートの参加対象国は7ヶ国で、日本・韓国・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・スウェーデンが参加しています。

ちなみに下位から2番目の韓国でも71.5%の若者が「自分自身に満足している」と答えています。

まぁ日本人は外国人と比較すると謙虚を美徳とする精神があり、特に自分に厳しい国民性もあるため、額面通りに受け取る必要はないと思います。

自分自身に満足いかないから、もっと挑戦したいという意思の表れであれば問題はないでしょう。

ただ自己肯定感が低い方は一定数います。

自己肯定感が低い人の特徴は、私のブログ記事の悩みに該当する場合が多いです。

例えば、ネガティブシンキングな人あがり症な人完璧主義の人メンタルの弱い人などです。

自己肯定感を高めるメリットは?

自己肯定感が高い人は、自分に自信を持っています。

自分自身に自信を持っていれば、問題に直面した時に挑戦してみようと思います。

なぜなら、「きっとできる」「何とかなる」と信じることができるからです。

自己肯定感が高い人は、チャレンジ精神が豊富であるとも言えます。

変化の激しい現代においては、日々の生活はチャレンジの連続です。

なぜなら、常識が日々塗り替えられているからです。

挑戦できない人間は、あっという間に世の中に置いて行かれる存在になりかねません。

自己肯定感が低いと挑戦への意欲が低下します。

「どうせ失敗するから」

「上手くいきっこないから」

「失敗したらかっこ悪いから」

悪魔のささやきが耳から離れません。

 

上述したように、現代社会は日々変化しています。

変化のスピードは年々加速しています。

1700年代後半に第1次産業革命が始まり、現在は第4次産業革命の真っただ中です。

第一次と第二次の間には100年の期間を要しました。

しかし第三次と第四次の間は十数年です。

参考:産業革命とは?簡単に説明してみましょう。

つい10年前まではスマホは普及していませんでしたが、今はどうでしょう?

科学の発展スピードは、生活様式の発展スピードです。

生活が変われば常識も変わります。

生活の変化についていくだけでも挑戦は必須です。

インターネットが使えない人がどれだけ日々の生活でどれだけ損をしているかは想像に容易いでしょう。

自己肯定感の向上は、チャレンジャー精神を育てます。

挑戦する気持ちがなければ、世の中の変化にすらついていけなくなります。

自己肯定感を高める取り組みは?

挑戦する意思を持ってください。

成功も失敗も単なる結果であり、無駄なものは何一つないのです。

挑戦しただけであなたは成長しているはずです。

新しいものを理解しようともしない態度は間違っています。

取り組む価値のある物かどうかは別にしても、新しいものを理解する姿勢は持ちましょう。

そしてできるだけ挑戦するべきです。

毎日少しづつ「やってみる」を続けてください。

そしてその積み重ねが成功体験の積み重ねになっていきます。

成功体験の積み重ねが自己肯定感を高めます。

 

どうしても新しいことに挑戦するのに恐怖を感じる、挑戦することができない。

「どうせできっこない」とか「頑張っても無駄」とか頭に浮かんでませんか?

もし心当たりがあるなら、まずは自分でもできる自己暗示法を試してみてください。

参考記事:エミール・クーエの法則で、きっといいことがある!の根拠は?

ぜひ、ご一読ください。

 

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

マインドセット
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました