プレゼンで緊張して震えるのはナゼ。どうすれば治る?予防は?

あがり症

緊張すると体も声をふるえてしまう。

この前のプレゼン、途中までは調子よかったんだけど

質問されて、上手く答えることができなったところから

体も声も震えて、散々だったよ。

 

こんにちは。

製薬企業勤務の内科専門医ヒロスケです。

今回は、緊張から来る震えの原因と対策について考察しました。

 

緊張すると震えが来るのはナゼ?

緊張とは、あなたが危険を感じている状態です。

危険を感じると人は素早く逃げ出す、戦う準備に入ります。

体はすばやい行動を要求されそうになると

筋肉をほぐすために収縮と弛緩を繰り返します。

この収縮と弛緩の繰り返しが震えです。

震えた時の対処方法は?

一旦震えが始まると中々止めることは困難です。

深層心理が危険を感じている状態です。

震えを止めよう止めようとすると余計に止まらなくなります。

自分の緊張を隠そうとすればするほど震えは止まらなくなります。

まずは自分が緊張していることを受け入れましょう。

可能であれば、聞いている人に自分が緊張していると告白しましょう。

「すいません、ちょっと緊張してます」

って告白すると案外温かく見守ってくれるものです。

 

緊張して震える時間は長くても3分程度と言われています。

始めの3分、パワポの資料では3枚程度で震えは止まります。

もし緊張を告白していたら、この段階で

「だいぶほぐれてきました」

って再度告白しましょう。笑ってもらえます。

笑ってもらえれば、その場が和みますのでプレゼンは楽になります。

 

緊張からの震えって予防できる?

震えの予防は深層心理に危険を感じさせないこと

深層心理が危険を感じなければ震えることはありません。

深層心理にプレゼンが恐れるものでないと信じさせることが重要です。

またプレゼンが自分にとってのチャンスだと認識させるのも手です。

このチャンスをものにすれば給料アップだ!!

なんて前向きな姿勢を持って臨むのも良いですね。

ただ深層心理のイメージを書き換えるのは一朝一夕にはできません。

お勧めの方法は二つあります。

催眠療法(ヒプノセラピー):そのイメージを繰り返し、無意識に届ける事

成功体験:一度の大きな成功体験は従来の経験を塗り替えます。

 

大きな成功体験は、あなたの無意識を一変させるパワーがあります。

しかしいきなり大きな成功体験をすることは困難です。

目の前の仕事を一つ一つこなすことで成功体験を積み重ねれば

その積み重ねが無意識に影響を及ぼします。

 

どうしても人前が苦手で苦しくなる、という方はヒプノセラピーをお勧めしています。

ヒプノセラピーについては、以下の記事を参考にしてください。

成功体験を構築する自信のない方にはうってつけと言えます。

参考:過緊張を深層心理から開放する方法とは?サブリミナルが効く!

 

あなたのあがり症がコントロールできるようになることを

心より応援していおります。

 

太田比呂介

 

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

あがり症
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました