あがり症とは?良くなる?改善するためには何をすればいいの?

あがり症

人前に出るとあがってしまい

上手くプレゼンができない。

言いたいことが言葉にならない。

 

このあがり症って何とかならないの?

プレゼンの練習を繰り返せば

次第に上手になっていくものなの?

 

と、考えているあなたへメッセージです。

 

頑張ってもあがり症は改善しません。

頑張りすぎはむしろ悪くなることもあります。

 

こんにちは。

製薬企業医師ヒロスケです。

今回のお話は
「あがり症の治療法」

についてです。

 

あがり症とは?

まずはあがり症とはどんなものなのか?

をお話します。

治療の対象の原因を知ることは大切です。

 

我々医師が何かしらの疾患や症状を診た時

その原因を探ることから始めます。

その原因が解決すれば改善する場合には

原因の解決を優先する必要があるからです。

 

あがり症とは医学的用語では

社会不安障害と名付けられます。

だれでも、見知らぬ土地や見知らぬ人と

一緒に時間を過ごすことになれば

不安を感じます。

 

誰でも人前で注目を浴びることになるには

不安を感じるものです(例外はいますが・・・。)

 

ただあがり症の方は、

その見知らぬ人から低評価を受けることに

大きな不安を感じることが多いです。

 

人の眼を人一倍強く感じやすく

人からどう見られているのかを

強く意識してしまう結果

ちょっとした行動でも

人の眼を気にして高度の緊張が生じます。

 

人の眼が気になりだしたら

自分の欠点にばかり目が向きます。

自分の欠点を隠そうとすればするほど

自分自身に意識が向いてしまい

結果、高度の緊張が生じる

・・・悪循環ですね。

 

あがり症の原因は?

あがり症を発症する年齢の大半は

20歳未満と言われています。

つまり若年期の家族や家族以外の人との

人間関係の結果で生じる症状と言えます。

 

ここで少し考えてください。

小学生や中学生の時は

どんな子供でしたか?

先生や親から評価を気にして

イイ子にしていようと頑張ってませんでしたか?

 

多くのあがり症の方は

若年時に形成される自己肯定感を

他人からの評価で補ってきたと言えます。

 

自己肯定感を第三者に委ねない人は

人からどう思われても、自分は自分と

割り切って行動を取ることができます。

あがり症の方は自己肯定感が低い人

と言い換えることができます。

自己肯定感斐ついては以下の記事にまとめています。

参考:自己肯定感とは?高めるためには何をすればいいの?改善する?

 

あがり症の治療を頑張ってはいけないワケ

自己肯定感の記事でも述べましたが

自己肯定感は、子供の頃の影響を強く受けます。

言い換えると深層心理に刷り込まれている

とも言えます。

深層心理・無意識下では自己肯定感は低いままで

あたかも自己肯定感が高いかのように振舞っても

ブレーキとアクセルを同時に踏み込んでいるような

状況を作り出しているだけです。

 

結局無意識下の自己肯定感を改善させない限り

自己肯定感は改善しないし

あがり症も改善しないのです。

 

あがり症の治療方法って?

あがり症で悩んでいるのであれば

潜在意識・無意識をコントロールする

術を学びましょう。

潜在意識をコントロールする術は

書店やアマゾンを除けば沢山の本があります。

 

本なんてこれまでたくさん読んできたよ

 

というあなたには米国の心理療法士が作った

「シークレット・サブリミナルCD」

を強くお勧めいたします。

 

一日30分CDを聞くだけで

深層心理にあなたの自己肯定感を向上させる

メッセージを刷り込むことができます。

 

これまでいろんな治療を試してみたが

あがり症が改善しないというあなたに

ぜひお勧めしたい心理療法です。

 

まずはどんな音楽がCDに録音されているのか

試してみてください。

今なら3万円相当の

  • サンプル音源
  • 7日間メール講座

を手に入れることができます。

以下の写真をクリックし、リンク先を確認してください。

 

 

あなたが今感じている生きづらさが

改善して、生き生きと生活できるようになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

あがり症
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました