プレゼンの前は緊張して吐き気がする!原因と予防法はあるの?

あがり症

自己紹介、プレゼンなど大勢の人の前で話をしなくていけない時、緊張のあまり吐き気がします。

吐き気止めを前もって飲んでおきたいのですが?

お気持ちはよく理解できます。

ただそういった場合に吐き気止めを内服してもあまり効果は期待できません。

どうしても内服するとしたらマイナートランキライザーと言われる種類の薬です。

比較的よく利用されるのは「アルプラゾラム」でしょうか。

 

こんにちは。

製薬企業医師のヒロスケです。

今回はあがり症対策の一つ

「緊張と吐き気」です。

 

緊張すると吐き気がするのはナゼ?

これまでもご説明してきましたが

過度な緊張状態の時には自律神経である交感神経が亢進しています。

交感神経が亢進すると胃の動きを抑制します。

同時に胃の分泌物も減少します。

結果胃もたれ感から吐き気が生じます。

実際吐き気止めで利用される薬剤の多くは胃の動きを促進する方向に働きます。

緊張から吐き気を予防する方法は?

内服薬が必要と考える場合には「アルプラゾラム」が適当です。

アルプラゾラムは脳におけるリラックス系の神経(GABA)を活性化させます。

脳のリラックス系の神経を活性化させるスイッチ(受容体)は、ベンゾジアゼピン受容体と呼ばれています。

このスイッチをオンにする薬剤は、ベンゾジアゼピン系薬剤と呼ばれています。

効果は、抗不安、催眠、鎮静などが期待できますが、長期の使用で依存性を認めることがあります。

したがって常用することはあまりお勧めできません。

やはり常時安定した効果を得るにはSSRIが良いと思います。

参考:SSRIでセロトニンを増やすことがあがり症に効くのはナゼ?

またSSRIが100点満点の薬ではありません。

併用して心理療法を実施することは期待値の高い治療方法であると言えます。

参考:無意識にある自己イメージを改善したい!催眠療法が効くワケ。

 

あなたの人生が明るく輝いたものになることを

心よりお祈りしております。

 

太田比呂介

 

参考記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

あがり症
hirosukenobusinessをフォローする
ヒロスケ・恋愛・コミュニケーション研究室
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
潜在意識から前向きになろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました